Sashunのカタログコラム

学校で教わらないけど普遍的で大事なことを、アイテムや体験を通じて、あぶり出すコラム

文化リテラシーの壁 <オススメ音楽つまみ食い>

f:id:Sashun:20140630234951j:plain

東京は、様々な文化にあふれている場所であり発信地である街です。

その雑多な文化の中から、刺激を受け、自分や周りを感化していくかは文化リテラシーをいかに広げられるかが重要です。
リテラシーとは、体系を理解し活用する能力という意味で、近年使われているようです。このブログでも流行に則り、この意味で使用します。)

しかし、東京にいる人は文化リテラシーが高いかというと、必ずしもそうではありません。理由は、情報の偏りや好き嫌い・食べず嫌いが激しすぎて、自分で文化吸収に壁を作っているからです。
たとえば、
「日本の音楽はつまらない。やっぱ洋楽でしょ。」
「Jpopしか興味ない。クラシック?なにそれ。」
「音楽は、顔とダンスの次でしょ」
etc...

まずは、いろんな情報を能動的に得るように心がけたいです。
ということで、最近触れたキラリと光る音楽を紹介します。
聴いてみてください。何か変わるきっかけになってほしいです。

 


■Guitar Rei
  ブルース、ギター、現代音楽。


【Rei】The Beatles / Yer Blues - YouTube



チャラン・ポ・ランタン
  アコーディオン、ライブパフォーマンス、変顔。


チャラン・ポ・ランタン 「空中ブランコ乗りのマリー」 MUSIC VIDEO - YouTube



凛として時雨
  ハイトーン、ツインボーカル、かっこいいギターリフ、絶叫。


凛として時雨『Telecastic fake show』 - YouTube



■レ・ロマネスク
  日本とフランスの架け橋、誰でも踊れる振り付け、実は高学歴。


祝っていた / レ・ロマネスク - YouTube



■アイラビッツ
  ロック、ピアノ、メロディアス。


アイラビッツ / はじまりのハッピーエンド - YouTube



水中、それは苦しい
  パンク音楽、おもしろい、せつない。


水中、それは苦しい「芸人の墓」PV(オリジナルVer) - YouTube

広告を非表示にする