Sashunのカタログコラム

学校で教わらないけど普遍的で大事なことを、アイテムや体験を通じて、あぶり出すコラム

時が過ぎて街が似てくる <香港旅行で感じたこと>

香港・マカオに行ってきました。

f:id:Sashun:20140426154952j:plain


深夜特急に登場したイメージを持っていたため、警戒心MAXで行ったけど、安全でインフラも整備されていて、旅行しやすい国でした。

郊外に行くと、ビルやファッションには無縁のアジアっぽい怪しさと匂いが、まだ点在していました。主要な街は開発されていて、六本木や銀座のようでした。こういう所が本当の2極化なんだろうと学びました。

郊外の雰囲気は日本には無い香港特有さがあり、中心部は日本に似ている。経済発展というのは、その国の特徴が削がれ、近似してくることなのかもしれません。。

深夜特急が出版されて20年余り、この本に出てくるようなアジアっぽさが薄まっていました。

行きたいところがあれば、時が過ぎて街が似てくる前に、行くべきです。

 

P.S.

飛行機の中で観た「アナと雪の女王」のLet It Goという歌が頭から離れません。。

 

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする