Sashunのカタログコラム

学校で教わらないけど普遍的で大事なことを、アイテムや体験を通じて、あぶり出すコラム

迷ったあとの動き方 <峠の入り口で考えること>

迷う。

どうすれば良いか分からない。または、どちらが良いか分からない。

そして、そのあとの行動は、人生の進み方さえ左右します。
迷った後はどちらの行動をとりますか?

①高邁な心で考える
②他人の様子を調べる

②をベースとする動きをする者は、強者に気に入られることだけを考える恐ろしい存在になります。
すぐにネットで調べる人、マジョリティに逃げる人、その行為は否定しませんが、必ず自分で考えて、理由を明確にして決断したいものです。

物事をなす時は、発想点は簡単明快であるべき。複雑で欲深な発想や目的意識は結局何もできなくなります。

まず調べることから入る自分、難しさが好きな自分、反省しきりです。

峠 (上巻) (新潮文庫)

峠 (上巻) (新潮文庫)

 

 そんな時でも一歩ずつ。

広告を非表示にする