Sashunのカタログコラム

学校で教わらないけど普遍的で大事なことを、アイテムや体験を通じて、あぶり出すコラム

夢をかなえる陽の力・陰の力 <選択と集中>

夢を実現した後の自分の姿はイメージするだけでワクワクします。
もっと明確にイメージするためには、別の人生の自分や、夢のために捨てるモノがなんなのかをイメージすることも大切です。


夢をかなえようとしている人生(陽)
別の夢を歩んでいる人生(陰)
の比較をして、やはり「陽」の人生がいいなと思うのなら、全力で夢に向かって進む。迷ったときは「陰」が後押ししてくれる。


たとえば、オリンピック選手になる(陽)。恋に遊びに自由な生活をする(陰)。
最初に比較して、やっぱりオリンピック選手を目指すなど腹を据えれば、途中で弱気な気持ちになることも少ないのではないでしょうか。

情報を自分からあえて隠して無我夢中に突き進む戦略もありますが、単なる思考停止に見えてなりません。夢だけではなくて、別の現実をきちんと見て、自分が選ぶ分かれ道を通りたい。

選択と集中も同じです。Apple社の故スティーブ・ジョブズ氏も、5つの製品に経営資源を絞れと言っています。これは、各製品の「陽」と「陰」を考えに考え抜くことの重要性を示しています。


私の場合、一つのことに時間を費やしてきた学生生活。道半ばで終わってしまったけれど、やってよかったと思えているかどうかはハテナです。。。陽・陰をもう少し真剣に考えればよかったなと思っています。いや、分かれ道がはっきり分かっていれば、真剣に考えていたのですが。


自分の5年後くらいの姿を、イメージするのは、楽しいけど、つらい面もある。
でも、自分のことはちゃんと考えたいものです。

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

 
スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

 

 
そんな時でも一歩ずつ。

広告を非表示にする