Sashunのカタログコラム

学校で教わらないけど普遍的で大事なことを、アイテムや体験を通じて、あぶり出すコラム

おわりは始まりのはじまり <たむらぱんの曲想>

たむらぱんのライブに行ってきました。アルバム「love and pain」を前半に、アップテンポなライブで盛り上がる曲を後半に、あっという間の2時間でした。

f:id:Sashun:20140222191734j:plain

たむらぱんの曲は、拍子が変わったり、曲のイメージが多彩なので、演奏が難しいと思いますが、いつものバンドメンバーはしっかりと聞かせてくれます。

たむらぱんは、終わりや始まりをテーマにした曲が結構あり、MCでも言っていたように、「おわりは始まりのはじまり」ということを大切にしています。

 
生きている中で、なにかしら区切りはあります。そこで、きっぱり止めるのも人間だし、意味を見つけて続けていくのも人間です。

ソチ五輪における浅田真央選手は、SPのときの失敗から切り替えて、FPの演技に挑み、素晴らしい演技で、まさに「おわりは始まりのはじまり」にふさわしいものでした。終わりを意味あるものに出来る人と、終わりが痛烈なストップになる人の違いは、自分のできることを冷静に把握して、伸ばし、最大限に発揮していこうという意識がある人なのかなと、浅田選手の演技を見ながら思いました。

*************
これから卒業式を迎える人は、ひとつの区切りになります。人によっては気持ちが腐っている人もいるかもしれません。しかし、「おわりは始まりのはじまり」だということを忘れずに、自分のやりたいことを思い切ってやりきってほしいです。

 

love and pain(通常盤)

love and pain(通常盤)

 

「love and pain」は 素晴らしいアルバムですが、たむらぱん入門用となると、「ナクナイ」「ノウニウノウン」ですかね~。

 

2/25追記

たむらぱんツイートより、

×終わりは始まりの始まり

○おわりは始まりのはじまり

だそうですので、記事内の言葉を変更しました。

広告を非表示にする